【Java徹底解説-初級編-】Hello Worldを出力してみる

これから初めてJavaのプログラムを書く人向けにまずはJavaを書くときのルールの説明をします。

本コンテンツでプログラムを実行するにあたって、JDKのインストールを済ませておく必要があります。まだ、JDKをインストールしていない人は下記コンテンツを参考にして環境構築をしておきましょう。

【Java環境構築 Mac編】JDKのインストールしてJavaを動かすまでを徹底解説

【Java環境構築 Windows編】JDKのインストールしてJavaを動かすまでを徹底解説

サンプルプログラムを実行してみる

次のプログラムはコンソールに”Hello World”という文字列を出力するプログラムです。

まずは、デスクトップに「workspace」というフォルダを作成して、「Sample_1.java」という名前でJavaファイルを作成して次のプログラムをコピーして貼り付けしてみてください。

 

 

コマンドを入力すると、ターミナルに次のように出力されていることが確認できます。

 

 

 

上書き保存が完了したらターミナルからコンパイルをして実行してみてください。

ターミナルには次のコマンドを入力します。

エラーなどが出力されなければ、コンパイル完了です。コンパイルが完了すると「Sample_1.class」ファイルが作成されていることが確認できます。

この拡張子が.classのファイルが機械語で記述された実際に動くプログラムになります。

それでは実際にプログラムを実行してみましょう。次のコマンドをターミナルに入力してください。

コマンドを入力すると、ターミナルに次のように出力されていることが確認できます。

この実行方法はJavaを実行する上で共通のルールになるので覚えておきましょう。

Javaの記述ルール

さきほどのJavaのプログラムを一行ずつ紐解いていきましょう。

class名

1行目はこのJavaのプログラムのクラス名を定義している。クラス名?いきなり新しい単語が出てきてクラスってなんだよ!って思った人もいるかもしれませんが、いまはプログラムを書く時に一番上に書くものという認識で大丈夫です。(笑)

Main文

2行目はこのプログラムの処理を始まる箇所を定義しています。mainの中にString[] argsなど色々と書いてありますが、いまはclassの次に書くものでこの中にプログラムの処理を書いてけばいいんだな!というくらいの認識で大丈夫です。

System.out.println()メソッド

Main文の中にあるSystem.out.println()は括弧の中で””(二重引用符)で囲んだ文字列をコンソール上に出力するという命令文になります。

ここで注意したいのが、命令の後には「;」(セミコロン)を必ず記述しないと、コンパイル時にエラーが出てしまい、プログラムが実行できなくなってしまう。

実際にエラーが出るときはコンソールに次のようなメッセージが出てくる。

>Sample_1.java:3: エラー: ‘;’がありません

> System.out.println(“Hello World”)

エラー1個

このメッセージは3行目に「;」(セミコロン)がないため、コンパイルが失敗していることを示しています。

Javaプログラムの注意点

ファイル名とクラス名は同じにせよ!

さきほどの作成したプログラムのようにファイル名とクラス名を一致させるのがJavaのルールとなっている。このルールに従わないと例外もあるが、コンパイル時に大体エラーになってしまいます。

また、ファイル名とクラス名を一致させることでプログラムの管理もしやすくなるので、このルールには従ってプログラムを作成してほしい。

大文字と小文字は区別されるため注意が必要!

ファイル名とクラス名も大文字と小文字は区別されるため、どちらかのみが小文字などという場合は別物という認識をコンパイル時にはされてしまいます。

また、コーディングのルールとしても大文字と小文字は使い分けることが一般的です。

例えば、クラス名の最初の一文字は大文字で書くことや後で説明するメソッド名や変数名は小文字で始めるなど様々なルールがあります。

細かいルールなどは適宜紹介していくので、ぜひ上級者プログラマーに成長するためにも覚えていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某私立有名大学に在学中、有名ポータルサイト企業のハッカソン出場経験複するが、周囲とのプログラミングや技術力の差を実感する。 大学卒業時の就職活動で技術力をアピールするためプログラミングの学習をひたすら行い、現在某有名企業でWebアプリケーションエンジニアとして活躍中。これからは自分が経験した学習方法を発信してプログラミングが分かる楽しさを伝えていきたいと思っています!